いつまでもいちゃこらめんこい5人組を全身全霊で愛でまくるだらだら日記
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
愛以外のなんでもない
亮ちーん!
滝様ー!!

とゆーわけで見ましたよオルトロス!!!!
結論から言いますと、おもしろかった!!!!

なんてゆーかあの、製作者側と視聴者側の温度差とゆーか
わたしのテンションのナナメ上を行くドラマのテンションが
クイズショウを見てるときのようなあのミョーな感じ。
まあ、そういうのが、楽しかったです(ほめてます)

なによりですね、わたしにとっては亮ちんと殿の共演という、
前にも書きましたけど亮ちんを好きになったきっかけが
「タッキーに似てる…!」だったため、
過去のオトコと現在のオトコの共演というか…

(どっかにも書いてましたね、亮ちんの事務所入りのきっかけが
「タッキーに似てたから」って)

いやもう、好きなおとこがそろっててひじょーに眼福ドラマでございました。

ドラマ見る前に、雑誌で見てたおさしん、
わたしの好きなおとこはいつも白い服を着てカンキンされておるという件。

実際フタ開けてみたら滝様、まさかのレクター扱い^^^^^^という。
あさみちゃんが独房向かうシーンからもう、まんまだもんね。
そうか、そういうノリで見たらいいんですねドラマ。

ちなみに参考資料。



評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,810
(2008-09-26)

続きを読む >>
17:01 ドラマ comments(0)
最大級のイマジネーション

スマイルちがい。

さて、われらがマツモトさまが世の中の不幸をすべて背負ったような
かわいそうー演技でがんばるドラマ「スマイル」ですけども
わたしこれを見ながら(ちゃんと見てんですよ)
どーも、既視感にクラクラきてまして。

あのドラマを見ているときのこのいごこちの悪さ、
過去にもこんな思いが…
で、ハタと気がついたんですが

これ



ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]

わたしこの映画だいすきなんですが、
その後味の悪さから(わたしはそうは思わないんだけど…)
とてもひとには薦められない、これを見てるときの気持ち悪さに
似てるんだー…と今回の話を見て思いました。
続きを読む >>
01:24 ドラマ comments(0)
いま、うさぎ待ち?(はくしゅおへんじつき)
日々がまたたくまにすぎてゆきます。
またもやごぶさたしてます。
ごぶサタデーってーことで。←しょうさくらいリスペクト

どうしてもいいたいことがあったので出てきたんですけども!

もうもうもう。

りょうちゃんかわいい。
りょうちゃんかわいい。
りょうちゃんかわいい。

コピペしてないよ!ちゃんと打ってるよ!

りょうちゃんかわいい。

あああ、わかってはいたけど。
わたし今年いっぱいはきっとこんなカンジです。
亮ちんの中二演技にもうムチュウ!
(演技力が中二っていみじゃないよ)

初回が金子Dでほんっとーによかった。
磯Pありがとう!クドカンありがとう!
続きを読む >>
01:33 ドラマ comments(0)
シークレットコード
33分探偵がおもしろいです。

剛のひっさびさの連ドラ!ってことで、
あんま予備知識もなしでみたんだけども
初期の「トリック」みてーな、イイカンジのゆるさでしたね。
熱血刑事役で戸次さんが出てるのが
チェックしてなかっただけにうれしかったですう。
(お名前変わったんですねー)
(こないだ瞳にも出ててびっくりしましたよ!NACS共演♪)

見ていて、なんかを思い出すなあと思ってたら
「フライングコップ」だ!
し、知ってます?「裸の銃を持つ男」の元になった
80年代初期のTVシリーズなんですけど。
(30代でもちょっときびしい・・・かな)

これ。Police Squadは原題です。

Police Squad: Complete Series (Full Ac3 Dol Chk)
Police Squad: Complete Series (Full Ac3 Dol Chk)

調査と称して関係ないことやってたりとか
なんでも知ってる情報屋とか
ラストカット、静止画なんだけど本人たちが静止してるだけで
カメラはずっと回ってる、ってゆーのは
「フライング」でやってたお約束ネタです。
記憶だけでもこれだけ思い当たるので、見返したらもっとあるかも。
続きを読む >>
17:53 ドラマ comments(0)
もうかわいいとしかいえない
はああ、今週もダメっこひろきがかわゆい。

いやいや、ダメっこなのはヨッちゃんであって
ひろきはよいこです。はああ、かわゆい。

ゆうちゃんとのツーショットはもれなくかわゆいんですけど
大豆よりわけてるときの、おせんさんのコイバナんときが
ふたりともふんげかわゆくってもえもえでした。
「忘れてください」のとこのゆうちゃんがたまらん!ばんばん!
(たまらず机をたたく音)

みんながお味噌作ってるときにかくれて覗いてるのも
ちょっとまったーっ!って飛び込んでくのもお気に入りです。
この子もマンガキャラハマるんですね!
顔のキレイな男の子がコミカルな役をやって
わざとらしかったり、イヤミになったりしないのがいい。
レギュラーでこんなハマり役もらってほんとによかった。
続きを読む >>
23:52 ドラマ comments(0)
かつどんくいたい
今日はなんだかかわいいものを見すぎて
少々飽和状態なんですけどなんか吐きださないとー!

っちゅーわけで見ました「おせん」。
番宣番組を今回いっさいチェックしてなかったので
(ぜろでやったやつは見ましたけど)
前情報まったくなく見たんですけどおもしろかったです。

とにっかく、あおいゆうちゃんをどんだけ
きれいに・かわいく・みりょくてきに撮るかってゆーことに
スタッフの全神経が注がれているような映像で、
コンセプトがたいへんわかりやすくてよろしい。
宮崎あおいちゃんでゆーところの「純情きらり」のような。

ほんとにゆうちゃんはキレイでした。
かわいいのに色っぽくて、画面にいるだけで空気がかわる
あの存在感はえらいですね。OP映像がかっこいい!
続きを読む >>
01:21 ドラマ comments(0)
生きてるただそれだけで
枯葉に埋まってる亀くんを見て、マンガキャラを
イキイキ演じられるっていいなあと思った次第です。

さて、今回もかわゆいカメナシさんですけども。
(いーかげんこの書き出ししつこいか?)
でも今回は高橋くんが!高橋くんが!

まあ、メインってーほどじゃありませんでしたけど。
耕作と打ち合いしてくれただけでもう。
わああんってふたりでわめきながら打ち合いしてんのが
もーかわいいよーううう。
じぇんじぇんクールじゃない石坂くんがかわいかった。
彼はふられっぱなしで報われないのね・・・

今回、ラブ話としてはなかなかにるーみっくっぽいハナシでしたね!
メイサたんが初めてるーみっくのヒロインっぽいカンジがしました。
彼女はどっちかっつーとシスターよりも響子さんっぽいです。
(どんなひとのココロにも・・・めぞん・・・※R35限定)
続きを読む >>
23:20 ドラマ comments(0)
時計の針がかさなる
今回もあいかわらずかわいいカメナシさんなのだった。
サンドバッグに飛びついちゃうのがサイコーにかわいい。

しかし今回いちばんときめいたのは黄川田くんとの身長差だったりする。
亀くんちちちちっちゃい!かわいい!!
若王子くんて、原作だともっとおばかなイメージだったんだけど
どうだったかなー・・・
(原作本みんな実家なので読み返せない)

ラブレター書くのにみんなでひとつの部屋集まってんのもかわいかったですね!
なんだかんだ付き合ってる高橋くん・・・かわいー。

次回は高橋くんメインじゃないですかあ!
しつっこいですけどわたしが好きな高橋くん主演ドラマー。

怪奇大家族 DVD-BOX
怪奇大家族 DVD-BOX

主演ですよ、主演!!
いままで何度もこのドラマが好きなことを話してるんですけど
これ知ってるひとにおめにかかったことがない。
まあ、万人におすすめできるドラマじゃありませんけど・・・
続きを読む >>
23:28 ドラマ comments(4)
見たくないぜしょげたParty Boy
泣きながらヤキソバ食っててあんなかわいいのってない。
(2話でのベスト亀たん)

ってなかんじで毎度亀くんのかわいさにだまされてる
「1ポンド」なんですけども!

わたし原作好きなのと、亀くんかわいさとで
このドラマに関してはそうとう点が甘いとは思ってるんですけど。
まあね、展開としてはおとなしいし、そんなに原作とはずれたことも
(いまんとこ)やってないですしね。
ドラマのオリジナルキャラ設定もあんま気になんない。

ドラマの亀くん見てていいなあって思うのはさー、
まあ単純に「若いっていいなあ・・・」っていうかー
サンドバッグにぴょんって飛びついちゃうとことか。
ちょっとしたことなんですけどなんかいいなあ。

亀くんが思ったよりよかったことに対して、
やっぱ気になるのはシスターのほうなんですよね。
じつはシスターのほうにこそ、コメディ要素が必要だったりして。
続きを読む >>
21:09 ドラマ comments(0)
がんばってくださいね
ややや、かーわいかったあー、カメナシさん!

原作ファンとしては、実はあんま期待してなかったのですが
意外とおもしろかった!

役者も好きなひとばっかだしー、
高橋一生くんは今後重要ななにかに関わるのか、
タダの背景キャラか・・・(それでもいいー好きだからー)
シスターミリーはどうしても「サネイエ・・・」と思ってしまいます。

構成も、1話完結のドラマとしてうまくまとまってるんじゃないでしょうか。
マンガっぽいけど演出過多なとこもなく、
登場人物もイヤミなくイイカンジに演出されていた。
ゆいいつ、あらゆるとこに通りかかる山涼さまだけが意味不明でしたけど!

なにより、亀くんがふんごく魅力あるキャラクターで
じぇんぶこの子のかわいさにだまされてるのかと思うくらいに!
(だまされてもいいー、かわいいからー)
シスターに言われてコロコロ主張を変えたり、
でもやっぱボクシングが好き!って純粋さとか、かわいく演じてくれました。

修二に通じる軽めのキャラですが、あっちがウラのある軽さなのに対して
耕作は単純バカなとこが最大の魅力ですから。
意外とるーみっくキャラがハマるんですねー!
五代くんも亀くんがやればよかったのにー。
(顔がよすぎるのでダメー)

原作のおもしろさはシスターとのラブよりも、
対戦相手の人間ドラマの部分だったりするので
次回以降も期待したいと思います。
続きを読む >>
22:44 ドラマ comments(0)
1/11PAGES >>